calendar

          10« 2017/11 »12          
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

まぴ

Author:まぴ
大福のような猫とあんころ餅のような猫と
鎌倉の大仏のような相方と
毎日まったり生きてます

ランダム電光掲示板 ver.なめらか

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

**雪降るブログ**

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 読書感想 J・ケッチャム「オフシーズン」 

オフシーズン (扶桑社ミステリー)オフシーズン (扶桑社ミステリー)
(2000/09)
ジャック ケッチャム

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
避暑客が去り冷たい秋風が吹き始めた九月のメイン州の避暑地。ニューヨークから六人の男女が休暇をとって当地にやって来る。最初に到着したのは書箱編集者のカーラ。すこし遅れて、彼女の現在のボーイフレンドのジム、彼女の妹のマージーとそのボーイフレンドのダン、そしてカーラのかつてのボーイフレンドのニックとそのガールフレンドのローラが到着した。六人全員が到着した晩に事件は勃発した。当地に住む“食人族”が六人に襲い掛かったのだ。“食人族”対“都会族”の凄惨な死闘が開始する。


J・ケッチャムの長編第一作。
出版側の意向で訂正、削除の多かったバランタイン社の旧版に作者が加筆、修正してもともとのオリジナルに近づけた新バージョンです。
作者あとがきを読むとその訂正、削除、加筆の様子が淡々と書かれながらも自分の作品がなまくらになっていくことに納得できなかった作者の怒りが伝わってきます。
そしてそれだけ譲歩して、無理やり自分を納得させて書き直した(ヒットさせたいならこうしなさい!といわれてた)作品が売れ始めたとたん絶版(読者の苦情により)…
悔しいのう悲しいのう(泣
なんだか他人事とは思えない(T_T)

この本はそういういろいろ言いたいことがあったからか、作者あとがきと解説(評論家によるケッチャムインタビュー付き)それにダグラスさんという方の(作家?)序文など本編以外もてんこもりです。
ところでこの序文かなりのネタバラシしてるんですが…
いいんですかコレ?
私は思わず「ダグラス~てめえ~空気~」と拳を握り締めてしまいました。

さて感想はいります。
思い切りネタバレありなので追記にいきます。

▼... Read more ≫
スポンサーサイト
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。