calendar

          08« 2017/09 »10          
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

まぴ

Author:まぴ
大福のような猫とあんころ餅のような猫と
鎌倉の大仏のような相方と
毎日まったり生きてます

ランダム電光掲示板 ver.なめらか

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

**雪降るブログ**

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 映画レビュー 「ブラックサイト」 

ブラックサイト [DVD]ブラックサイト [DVD]
(2008/09/24)
ダイアン・レインビリー・バーク

商品詳細を見る


【ストーリー】
アメリカオレゴン州ポートランドで起きた悪夢。FBIサイバー捜査官ジェニファーが捜査する闇サイトは、人々のアクセス数によって人を死に至らしめる殺人中継サイト。ネット上に映る捕らえられた被害者。彼らの生死を決めるのは、罪悪感もなく、一瞬でサイトにアクセスできる世界中の66億人の人々だ。その“好奇心”を利用して、自分の手を汚さずに殺人を完結させる知的サイコキラーの目的は?遂に犯人の手がかりをつかんだジェニファーに、魔の手が迫る! アマゾンDVDあらすじより


わりと正統派のサスペンススリラー。
殺され方がエグイので15Rになってますがストーリー自体はまっとうでグロや猟奇目当てで見ると肩透かしくらうかも。
”悪意の無い(つもりの)共犯者”を大量生産してしまうネット社会の怖さがテーマかな。
「ゾディアック」系の社会派サスペンスが好きな方は楽しめるんじゃないでしょうか。

実際私はこの映画観ながら「バカバカ!!なんでアクセスしちゃうんだよ!」とか
「最初はともかく確実に自分の行為で人が死ぬってわかってからも平気でアクセスするってそんなありえるか!?」とか
「日本だったらどうだろ。アクセスした人が後からつるし上げくらいそうだよな」とかいろいろ真剣に考えてしまいました。
以降ややネタバレ気味


猟奇的な連続殺人といえばやはり犯人の造詣が気になるところ。
がこの犯人は不気味というよりは気持ち悪く、怖いというよりむかつきます。
やってることは快楽殺人のくせに「社会に問題提起」装うとことか…
「セブン」のあの人や「ソウ」のあのおっさんもそんなタイプだったなあ。
しかし、あの人やあのおっさんは完璧いっちゃってる人でしたが、この犯人はちらちら自分可哀想アピールするとこがなんともうざい。
(あ、そういえば「ソウ」のおっさんも不治の病アピールすごかったけど全然カワイソじゃなかったな)
この犯人はなんつーかね、あんまり好きな言い草じゃないんだけど
「このゆとりが!!」と罵りたくなる様な感じなんですよね。
そういうなんとも言えない嫌~な感じの犯人に役者さんがはまってて
実は細部はダイハードなみにぶっとんだ部分があるこの映画にリアリティを与えてます。
(まあブルース・ウイリスだったら2番目の事件のあたりで犯人とっつかまえて半殺しにしてそうですが)
ダイアン・レインも夫と死別し娘と母と暮らす堅実なFBI職員を違和感無く演じきってます。
強すぎず弱すぎず。
そんな普通っぽいダイアンが終盤見せてくれる頑張りに思わず声援!

この映画で非常に印象に残ったのはラスト。
そこまでは手堅い作りで佳作ではあるけどお約束な展開のベタ映画かな、と思ってたんですがラストでいろんな意味で鳥肌がたちました。
どんでん返しなどは全く無いのですが「カメラの向こうで見ているはずであろう多くの共犯者」を意識した彼女の行為になぜか映画を観ている自分までもがドキリとさせられました。
観る人によっては「え?これだけ?」と感じるかもしれないけど私には苦く少し感動的な幕切れでした。



スポンサーサイト

 祝ゼネテス誕生日 



一日遅れになってしまったけどおめ!

fc2のお絵かきエディター初めて使ったけど…う~ん
gooの方が使いやすかったかも
まあ言い訳なんですが。

 読書感想 J・ケッチャム「オフシーズン」 

オフシーズン (扶桑社ミステリー)オフシーズン (扶桑社ミステリー)
(2000/09)
ジャック ケッチャム

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
避暑客が去り冷たい秋風が吹き始めた九月のメイン州の避暑地。ニューヨークから六人の男女が休暇をとって当地にやって来る。最初に到着したのは書箱編集者のカーラ。すこし遅れて、彼女の現在のボーイフレンドのジム、彼女の妹のマージーとそのボーイフレンドのダン、そしてカーラのかつてのボーイフレンドのニックとそのガールフレンドのローラが到着した。六人全員が到着した晩に事件は勃発した。当地に住む“食人族”が六人に襲い掛かったのだ。“食人族”対“都会族”の凄惨な死闘が開始する。


J・ケッチャムの長編第一作。
出版側の意向で訂正、削除の多かったバランタイン社の旧版に作者が加筆、修正してもともとのオリジナルに近づけた新バージョンです。
作者あとがきを読むとその訂正、削除、加筆の様子が淡々と書かれながらも自分の作品がなまくらになっていくことに納得できなかった作者の怒りが伝わってきます。
そしてそれだけ譲歩して、無理やり自分を納得させて書き直した(ヒットさせたいならこうしなさい!といわれてた)作品が売れ始めたとたん絶版(読者の苦情により)…
悔しいのう悲しいのう(泣
なんだか他人事とは思えない(T_T)

この本はそういういろいろ言いたいことがあったからか、作者あとがきと解説(評論家によるケッチャムインタビュー付き)それにダグラスさんという方の(作家?)序文など本編以外もてんこもりです。
ところでこの序文かなりのネタバラシしてるんですが…
いいんですかコレ?
私は思わず「ダグラス~てめえ~空気~」と拳を握り締めてしまいました。

さて感想はいります。
思い切りネタバレありなので追記にいきます。

▼... Read more ≫

 モブログテスト 

20080923051755
謎の生物

 手乗り猫 

手乗り猫

こんなだったのになあ…
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。